コラーゲンの種類と違い(Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型など)

コラーゲンの種類と違い(Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型など)

コラーゲンは構造の違いによって19種類、13型に分類されます。それぞれ違いはあるものの基本的な構造は同じなため、総称してコラーゲンファミリー(または分子種)と呼ぶこともあります。

部位によって存在している型が違い、体内で一番多いのはⅠ型で主に皮膚に存在し、骨や皮膚を支えています。次に多いⅡ型は軟骨に存在して関節のクッションの役割をし、Ⅲ型は血管や臓器に存在しています。

このようにすべての種類のコラーゲンにそれぞれ役割があり、身体のさまざまな部位を支えています。コラーゲンがなければ身体を形成することはできません。

各型のコラーゲンの主な役割

Ⅰ型コラーゲン
線維性コラーゲン 身体にもっとも多く存在している。皮膚の真皮や骨に含まれ、不足すると肌に弾力がなくなる。人体にとって最も大切な型のコラーゲン。経口摂取をして、内側から摂ることが大事
Ⅱ型コラーゲン 線維性コラーゲン 関節軟骨と眼球の器官の一つにあたる硝子体に存在。関節痛対策としてⅡ型を摂取する人が多い。
Ⅲ型コラーゲン 線維性コラーゲン Ⅰ型コラーゲンと共存する場合が多く、皮膚の水分保持の役割を担う。胎児の皮膚はⅢ型コラーゲンで形成されている。
Ⅳ型コラーゲン 非線維性コラーゲン 「基底膜」という表皮と真皮の間にある薄い膜の構造を支えている。
Ⅴ型コラーゲン 非線維性コラーゲン 胎盤に存在する。皮膚下層にあるⅠ型コラーゲンと皮膚上層にあるⅣ型コラーゲンを結びつけている。
Ⅵ型コラーゲン 非線維性コラーゲン 血液や皮膚に含まれ、怪我などによる出血時に血を凝固させる役割をもつ。骨の形成にも関わっている。
Ⅶ型コラーゲン 非線維性コラーゲン 皮膚と身体を接着する働きをもつ。爪を形成し、創傷治癒の促進が期待されている。
Ⅷ型コラーゲン 非線維性コラーゲン 血管内皮細胞をつくりだす。

Ⅰ型コラーゲンとⅡ型コラーゲンの違い

2つの分かりやすい違いは、Ⅰ型コラーゲンは皮膚に存在し、Ⅱ型コラーゲンは関節に多く存在するということ。

そのため「Ⅰ型のコラーゲンは美容に、Ⅱ型のコラーゲンは健康に」といわれています。

ただ、Ⅰ型とⅡ型のコラーゲンペプチドは、アミノ酸の配列に大きな違いがなく、違いはハッキリと分かっていないのが現状です。

今後の研究でⅠ型と皮膚の関係が証明されるかもしれませんが、現在販売されているコラーゲンペプチド配合の商品のほとんどは、魚や豚などの皮(うろこ)のコラーゲンを原料としているⅠ型コラーゲンのものです。

現状では、美容目的であればⅠ型のコラーゲンが配合されたものを選ぶのがベターです。

Ⅰ型コラーゲン配合のおすすめコラーゲンパウダー

上質なⅠ型コラーゲンを摂取するなら、断然ニッピコラーゲンがおすすめです。

『一杯あたり5,000mgのコラーゲンが摂れる』

ニッピコラーゲンは他のサプリやドリンクと違って、余計な美容成分や健康成分は一切なし!

コラーゲンペプチドのみでできた純度の高いパウダーです。

その上質さから、他社のコラーゲンサプリやドリンクの原料としても使われているほど。

なによりコラーゲン独特の臭みや味を感じさせない無味無臭だから飲みやすく、継続しやすいという特徴があります。

また、溶けやすいので水だけでなく、コーヒーやお茶、料理にまで混ぜることができます。

お試しが999円(送料無料)とかなりお得に購入できるので、一度試してみて損はありません。

【商品情報】

価格 1,944円 内容量 約20日分
1日あたりの価格 約97円 カロリー 17.2kcal(5gあたり)
>> ニッピのお試し購入はこちらキラキラ

 

 

ドリンク部門ランキングサプリメント部門ランキングパウダー部門ランキング

 お得情報


ニッピコラーゲン100
お試しキャンペーン中
>>999円(送料無料)
管理人お気に入り♡高純度のコラーゲンを摂取したい方に

含有量比較ランキング

飲みやすさランキング

1日あたりの価格が安い順ランキング

カロリー比較

管理人について

20代、30代、40代の仲良し主婦3人組
20代、30代、40代と年齢バラバラだけど仲良しの3人組。美容が好きで皆でコラーゲンを試してみることに。